FC2ブログ
 

よりどり健康エンタメランド

健康・ダイエットに関する情報のほか、マンガ・アニメ・ゲームなどの情報を提供する情報発信サイトです。
 
 
自分だけのサイトを制作するなら…
約4,000種類のパターンの中からお好きなデザインを選び、初心者の方でも様々な業種のホームページを制作することが出来ます。
今までの来訪者数
プロフィール

ハンマーヘッド和尚

Author:ハンマーヘッド和尚
出身地:千葉県


※サイトの運営状況によっては、ジャンルごとに記事数が偏る場合がございますので、ご理解の上ご了承いただきますようお願い致します。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
記事検索フォーム
当サイト公式ツイッター
お世話になっている方々のサイト
(特に変なサイトとかでなければw)基本的にリンクフリーです。
QRコード ※スマートフォン・iPhoneからはこちら
QR

【大相撲】暴行被害者の貴ノ岩氏が今度はまさかの加害者に!? 相撲協会による『暴力決別宣言』も効果無く… 

※以下の記事に登場する人物およびその人物の発言などは、現実に判明している事実を除きすべてフィクションであり、『ドラゴンボール』およびその他のマンガ・アニメ作品とは一切関係ありません。








(聖帝サウザー) (去年10月に)幕内力士の貴ノ岩氏が当時の横綱・日馬富士関からカラオケのリモコンでドタマをカチ割られるなどのw暴行を受けた事件が起きてから相撲界はずっと混乱続きだったが、ここに来てまた“第2の悲劇”とも言える非常に残念な事件が起きてしまったな…。





今度はその貴ノ岩氏自身が今年の冬巡業中に付け人の貴大将に平手と拳で4、5発殴るなどの暴行を加えていたことが12月5日に判明し、その後会見を開いて引退表明したのは相撲ファンの方々もご存知の通りだろうが…。





貴ノ岩氏の言い分によれば付け人が忘れ物をして言い訳をしたのでついカッとなってやってしまったとの事だが、横綱から暴行を受けた被害者が今度は暴行の加害者になるという前代未聞の事件に、ただでさえ問題続きで揺れていた相撲界がますます混乱に陥るハメになってしまったな… (._.;;;;











(フリーザ) まさにミイラ取りがミイラになってしまったというシャレにならない事件ですけれども、貴大将氏に大きな外傷は無く、その後貴ノ岩氏の方から「オレが悪かった」と謝罪してきたのがせめてもの救いですね…。





まあミスをして言い訳をした貴大将氏も悪かったのかもしれませんが、それで貴ノ岩氏の方も「覚醒した君が発(ry」と言わんばかりにwブチ切れて






「付き人が忘れ物をしたので、僕は嫉妬(?)と苛立ちを覚えました」


「それで付き人がアホな言い訳してくるのでw僕は悔しくて涙が流れました…」


「仕方無いので、僕は付き人に百裂張り手をお見舞いすることにしましたw」





といった感じでw暴行に及んだのなら、あまりにも思考が短絡的過ぎますね…(汗)






まあ元から素行が悪く、それが先の暴行事件に巻き込まれた要因とも言われているが、その時に暴力を受ける痛みと恐怖を十分思い知っている筈にもかかわらず自分も同じ過ちを犯してしまった訳だから、結局何も学習してなかったのかと言いたくなるな…。





普通こういう被害に遭ったら、そこらの下郎でもそれを反面教師にして「自分は同じ轍を踏まないようにしよう」と思うものだが…。







師匠である(元貴乃花親方の)花田光司氏も、その弟子が巻き込まれた先の暴行事件を機に自分が先頭に立って相撲界の悪い風習を無くそうといろいろと動き、相撲界を誰もが「これが理想郷なのか…」と思えるようなwクリーンな環境へ変えていこうと頑張っていましたからね…。












まあその花田氏自身も言動についていろいろ言われてましたけれども、(先の暴行事件以降は)不本意にも理事を解任されたり協会を離職したり離婚したり、その間に(貴ノ岩氏と同じく)自身の弟子である貴公俊氏(現・貴ノ富士)も付け人の貴西龍氏に対し同じように数回殴打するなどの暴行を加えていた事が発覚したり…と何故かいろいろと災難続きでしたから、本心では「全部アイツ(と貴公俊)のせいだ…(涙)」と少なからず思ってる事でしょうね(汗) (T∀T;;;;







その上、息子の花田優一氏もドサグサに紛れて離婚してるしな…w





しかし、貴ノ岩氏はただでさえ祖国のモンゴルでも(先の暴行事件が原因で)日馬富士氏を引退させた“悪者”として認知されてしまっているにもかかわらず、今回のような相撲界だけでなくモンゴルにも余計悪いイメージを植え付けるような問題を起こしてしまったわけだから、モンゴルの方々も(貴ノ岩氏に対して)百裂張り手どころかスーパー鬼無双をお見舞いしてやりたいw気分だろうな…






それにしても、相撲協会が先の暴力事件を教訓に『暴力決別宣言』をしたにもかかわらずこういう事件が起きてしまうのは何故なんだろうな?







昔のスポーツ界は体罰やパワハラなどが教育の一環として当たり前な事だと黙認されていたところがあり、現在もその“悪習”から離れられずにいる方が少なからずいますからね…。





しかもそれらが問題に発展しそうになったら、(自分たちの保身のために)組織ぐるみで隠蔽工作に徹するという悪質なケースも増えて、それが今の時代にも受け継がれてしまっているという事でしょうね…。







結果として、それが2007年の時津風部屋での新弟子暴行死事件という最悪な事件まで引き起こす要因となってしまい、現在もこうして力士による暴力事件の多発を招いてしまっているからな…。





今後も相撲に係わる全ての者たちが、弟子や後輩への指導において「暴力に頼ってはいけない」という事をきちんと理解し、これ以上角界の権威を地に落さぬよう日頃の振る舞いを改めていかなければならんな。











(エルザ=フォルテ) …って、オチは何とかシリアスに締めたけど、記事の内容に(ヴィジュアル系バンドの)マ●ィス・グレイルの楽曲や(格闘ゲームの)『ストリートファイター』シリーズのエドモンド●田氏の必殺技に関するワードを組み込む必要はあったのかしらね…。  注:全く無いですw
















関係者の皆さまスミマセンでした(汗) A(^_^;;;;

 ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hammerhonobono.blog.fc2.com/tb.php/521-214289e9
健康・ダイエット:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、効果・容量など異なる場合がございますのでご注意下さい。




マンガ・小説:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、内容・特典の有無など異なる場合がございますのでご注意下さい。




ゲーム:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、内容・特典の有無など異なる場合がございますのでご注意下さい。


現在のサイトランキング