FC2ブログ
 

よりどり健康エンタメランド

健康・ダイエットに関する情報のほか、マンガ・アニメ・ゲームなどの情報を提供する情報発信サイトです。
 
 
自分だけのサイトを制作するなら…
約4,000種類のパターンの中からお好きなデザインを選び、初心者の方でも様々な業種のホームページを制作することが出来ます。
今までの来訪者数
プロフィール

ハンマーヘッド和尚

Author:ハンマーヘッド和尚
出身地:千葉県


※サイトの運営状況によっては、ジャンルごとに記事数が偏る場合がございますので、ご理解の上ご了承いただきますようお願い致します。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
記事検索フォーム
当サイト公式ツイッター
お世話になっている方々のサイト
(特に変なサイトとかでなければw)基本的にリンクフリーです。
QRコード ※スマートフォン・iPhoneからはこちら
QR

【ネタバレ注意】映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』についての感想・その1 

※以下の記事に登場する人物およびその人物の発言などは、現実に判明している事実を除きすべてフィクションであり、『ドラゴンボール』およびその他のマンガ・アニメ作品とは一切関係ありません。




フッフッフッ、フリーザですよ♪ (・∀・)






もうこのサイトの読者の皆さんは、このわたしが20数年ぶりに(以下略w)公開中の映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』をご覧になって頂けましたでしょうか?










以前の記事で予告していた通り、今回から映画についての感想を語っていきたいと思いますが、セルさんは『復活の「F」』を観てどう思いましたか?






(セル) そうだな……まあ、映画の出来自体は悪くはなかったが、ぶっちゃけ「ぬう、『ドラゴンボールZ』の映画復活2作目なのにオレが出てない!!!!というのが率直な気持ちだなw












やっぱ前作(『ドラゴンボールZ 神と神』)に続いて出演のチャンスを逃した事を気にしてらっしゃるんですね…(汗)






まあ、今作はあくまでわたしが主役ですから(注:あくまで本人談ですw)、セルさんの出番が無いのは仕方が無いと思いますけれども A(^_^;;;;






しかし、前にもおまえが言っていた通り今作は見るからにアニメ(『ドラゴンボールZ』)とはストーリーの設定が違っている部分も多かったし、正直観ていて疑問に思ったというファンも少なくなかったかもしれんな…。












オレも映画を観ながら思わず「え? 地獄ってこんな場所だったっけ???」と心の中でツッコみまくってたしw(アニメでは)オレたちとずっと一緒にいたはずのおまえが何故あのようなわけのわからん目に遭っているのかw理解に苦しんだからな… (._.;;;;






確かに、序盤のほうでわたしがお花畑で(ナメック星で孫悟空さんに敗れた後、改造手術を受けてメカ化した姿で)木の上からミノムシみたいに吊るされてwぬいぐるみやらバニーガール姿の妖精さんやらガッちゃんみたいな天使wやらに延々と変な歌を聞かされて踊りを見せつけられるシーンwがありましたけれども、わたし自身アニメじゃあんな拷問なのか単なるイヤがらせなのか意味不明なw仕打ちを受けた覚えはないですからね…(汗) ( ̄∀ ̄;;;;





セルさんがおっしゃられた通り、わたしは未来のトランクスさんにゴミにされてw地獄へ落とされた後はずっとセルさんやパパ(コルド大王)と一緒にいたわけですし…(汗)







まあ、原作の方じゃそういう(フリーザがセルたちと一緒にいたという)設定が存在していたわけでもないから、今作ではあえてアニメでの設定は無かった事にされてまた別の設定に作り直されたのかもしれんな。












で、そのぬいぐるみやら天使やらというのがコイツららしいが、どう見ても地獄の住人たちとは思えんしwひょっとしたら地獄にいる悪人を更生させるために天国から派遣されてきた使者たちか何かなのかもしれんな…。 ※画像は映画パンフレットより






何か大々的に『あのフリーザが恐怖する(!?)』とか謳われてますけれどもw確かに考え方によっちゃある意味死よりも恐ろしい究極の使者たちwかもしれませんけれね…(汗)





それでも、(アニメの方で)セルさんやパパたちと一緒に地獄で暴れまわっていた時、孫悟空さんと一緒にやって来て親子共々一瞬のうちにワンパンで倒すほどwケタ違いの強さだったあのパイクーハンとかいう方に比べれば、彼らの方がまだ優しいほうかもしれませんけれども (´∀`;;;;






まああんまり本来の設定を捏造w改変されるとファンたちも混乱するからどうかとは思うが、今作は『ドラゴンボール』の原作者である鳥山明先生自ら脚本を務めているし、先生にも何か考えがあっての事だからそこは深く考えずに楽しんだ方が良いのかもな。






それでも納得しないファンがいるのであれば、その腹いせとしてオレらが(6月13日公開の)映画『ラ●ライブ!』に乱入して μ’sの面々とライブ対決するっていう手も…w














出来るわけないでしょうが!!!!wwww (゜Д゜メメ






(つづくw)












関係者の皆様スミマセンでしたw A(^_^;;;;

 ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://hammerhonobono.blog.fc2.com/tb.php/164-bce77f4c
健康・ダイエット:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、効果・容量など異なる場合がございますのでご注意下さい。




マンガ・小説:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、内容・特典の有無など異なる場合がございますのでご注意下さい。




ゲーム:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、内容・特典の有無など異なる場合がございますのでご注意下さい。


現在のサイトランキング