fc2ブログ
2021-02-18(Thu)

【特報】アーケードでも遊べる!? SNKの対戦格闘ゲームシリーズの最新作『ザ・キング・オブ・ファイターズⅩⅤ』が今年中にリリースへ

※以下の記事に登場する人物およびその人物の発言などは、現実に判明している事実を除きすべてフィクションであり、『ドラゴンボール』およびその他のマンガ・アニメ作品とは一切関係ありません。






SNKの人気対戦格闘ゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズの最新作『ザ・キング・オブ・ファイターズⅩⅣ』が2016年にリリースされましたが、その続編となる『ザ・キング・オブ・ファイターズⅩⅤ』が今年中にリリースされる事が決定しました。









『ザ・キング・オブ・ファイターズ(以下KOF)』は、老舗のゲームメーカーであるSNKが1994年にリリースした対戦型格闘ゲームであり、(先にリリースされた)同ブランドの格闘ゲーム『餓狼伝説』『龍虎の拳』やアクションゲーム『怒』『ATHENA』などのキャラクターが参戦した事で話題になりました。






ルールは3人(作品によっては4人)一組のチームによる勝ち抜き戦で、シリーズ毎にストライカー制やマルチシフト制などの独特の試合形式が設けられているのが特徴で、(1対1での対戦が中心の)CAPCOMの格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズとは対をなすシリーズとして位置付けられています。



※もっとも、この両シリーズのコラボ作品として、CAPCOM側からは『CAPCOM VS. SNK』『CAPCOM VS. SNK2』、SNKプレイモア側からは『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』が過去にリリースされておりますが… A(^_^;;;;






(フリーザ) 日本の古代神話などを基にした重厚なストーリーも魅力であり、現在は初代の『KOF94』から、それぞれ3作品ごとに完結するオロチ編(『KOF95』『KOF96』『KOF97』)、ネスツ編(『KOF99』『KOF2000』『KOF2001』)、アッシュ編(『KOF2003』『KOF XI』『KOF XⅢ』)、前作(『KOFⅩⅣ』)のシュンエイ編(仮)まで進行していますね。



※『KOF98』『KOF2002』『KOFⅩⅡ』はオールスター形式の作品のため、ストーリーは設定されていません。












その他にも様々な派生作品(『KOF MAXIMUM IMPACT』など)やリメイク版(『KOF94 RE-BORN』など)もリリースされており、今でも格闘ゲームとして根強い人気を誇るシリーズですけれども、今回の『KOF ⅩⅤ』はどのような作品になるんでしょうかね?






ストーリーの方はまだ公開されておりませんが、前作の『KOF ⅩⅣ』で“真の主人公”的なポジションだったシュンエイ氏が今作では正式な主人公として登場し、草薙京氏・八神庵氏・二階堂紅丸氏・K´氏・不知火舞氏など、おなじみのキャラクターたちが多数参戦するようです。



※『KOF ⅩⅤ』シュンエイ紹介PV






前作の参戦キャラクター数はシリーズ史上最多の58人(!)でしたけれども、今作も新キャラクターやダウンロード専用キャラクターを含めれば、最高で70~80人ぐらいまで増える可能性はありますね…(汗) ((((゜Д゜;))))))






それも含めて、今回の『KOF ⅩⅤ』では如何なる対戦システムが導入されるのか、そしてシュンエイ氏を中心としたストーリーがどのように展開されていくのか注目したいですね。






『キング・オブ・ファイターズⅩⅤ』公式サイト : https://www.snk-corp.co.jp/official/kof-xv/












 ブログランキング・にほんブログ村へ 
スポンサーサイト



2021-02-04(Thu)

【特報②】今度のプリキュアは南国+化粧がテーマ? 新シリーズ『トロピカル~ジュ!プリキュア』が2月より放送開始

※以下の記事に登場する人物およびその人物の発言などは、現実に判明している事実を除きすべてフィクションであり、『ドラゴンボール』およびその他のマンガ・アニメ作品とは一切関係ありません。










前回のラ●ライブだぜぇぇぇぇぇぇええええ!!!! (゜∀゜)









(聖帝サウザー) …とまあ、いきなり冒頭で出て来たD●ATH山さん。みたいなのはともかくw(先月7日に発令された)2度目の緊急事態宣言の効果が現れ始めたためか、コロナウイルスの感染者数も大幅に減少してきているようでひとまずは安心といったところだな。













という事で、今回は2月28日より放送開始されるプリキュアの新シリーズ『トロピカル~ジュ!プリキュア』について紹介していくのだが、今週の月曜日(2月4日)の早朝に雹が降ってきたところを見ると、思わず「天も、新たなプリキュアたちの活躍に興奮しておるわ!!」とかw言ってみくなっちゃったりしてな!?



うぶわはははははははははははははははははははははは!!!!















(ベジータ) って、そう言うと何か



ヘンな誤解を招きそうだからやめれ!!!!wwww (゜Д゜;;;;





どの部分がそうなのかはあえて言わんけどw






まあ冗談はさておき、聡明なプリオタwファンならそのタイトル名から察しの通り、今度のプリキュアは『南国+化粧』というこれまた斬新な要素の組み合わせがテーマのようで、





わたし、《夏海まなつ》!

春から都会の中学校に通う中学1年生!



故郷の島から引っ越してきた日、海でヒミツの出会いをしたんだ。

その子の名前は《ローラ》って言って、実は…“人魚”なの!



海の中にある《人魚の国・グランオーシャン》は、

暗い海の底に住む《あとまわしの魔女》に《やる気パワー》を奪われて、

みんなやる気がなくなっちゃったの。

人間のやる気パワーまで奪われたら、世界は大変なことに…!



だから、ローラは《伝説の戦士・プリキュア》を探しに、

1人で地上へやってきたんだって。



そんな中、地上に現れたあとまわしの魔女の召使いに

ローラが捕まって大ピンチ!



「わたしの《今、一番 大事なこと》!それは…!」

メイクでトロピカルチェンジして、やる気全開!

伝説の戦士・プリキュア《キュアサマー》 に変身!



プリキュアに、学校に、部活に!

みんなでトロピカっちゃおー!





…とまあ、冬から放送開始するアニメにしては、聞くからに暑苦しそうなw心身があったまりそうなストーリーが繰り広げられそうだが、まずは下に掲載した登場するヒロインたちのプロフィールに一通り目を通し、どのようなキャラが登場するのか放送開始前に把握しておくと良いだろう。 ↓↓↓ (._.










◆ キュアサマー / 夏海まなつ


誕生日 : 8月1日

好きなこと : トロピカってること全部、学校



常夏の太陽みたいに明るく、色々なことにやる気いっぱいの中学1年生!


どんなときも「いま一番大事なことをやろう!」と、考えるよりも先に身体が動いてしまうタイプ。


ふるさとの南乃島からあおぞら市へ引っ越してきた日に、海で“人魚”のローラと衝撃の出会いをする。


お母さんにもらったリップを大事にしている。 口癖は「トロピカってる~!」。



“リップ”がチャームポイントの『キュアサマー』に変身!




◆ キュアコーラル / 涼村さんご


誕生日 : 5月9日

好きなこと : かわいいものを集めること、メイク



かわいいものがとにかく大好きで、おしゃれな中学1年生!


まなつのクラスメイト。 周りにやさしく気遣いができ、誰とでもすぐに仲良くなれるタイプ。


家は街にあるコスメショップで、メイクやコスメのことを良く知っている。



“チーク”がチャームポイントの『キュアコーラル』に変身!




◆ キュアパパイア / 一之瀬みのり


誕生日 : 11月21日

好きなこと : 本を読むこと



本を読むことが好きで、とても物知りな中学2年生!


学年で成績トップの優等生。ポーカーフェイスで感情をあまり表に出さないけれど、自分をしっかり持っているタイプ。


幼い頃から『人魚姫』が大好きで、人魚の伝説や物語にも詳しい。



“アイズ”がチャームポイントの『キュアパパイア』に変身!




◆ キュアフラミンゴ / 滝沢あすか


誕生日 : 10月15日

好きなこと : 身体を動かすこと、料理



運動神経バツグンで、正義感のつよい中学3年生!


一見クールで近寄りがたいけれど、後輩たちの面倒見がいいお姉さんタイプ。


実は、かわいい動物のゲームや料理が得意など意外な一面も。




“ヘアー”がチャームポイントの『キュアフラミンゴ』に変身!




◆ ローラ


好きなこと : 歌をうたうこと



人魚の国・グランオーシャンからやってきた “人魚”の女の子!


まなつ・さんごと同じ歳。ちゃっかり者の自信家で、思っていることをなんでも正直に言ってしまうタイプ。


グランオーシャンの次期女王になる夢を叶えるため、伝説の戦士・プリキュアを探しにきた。


プリキュアのサポート役として、まなつたちと一緒に地上で生活を送るようになる。




◆ くるるん


好きなもの:貝がらクッキー



グランオーシャンからやってきた海の妖精。 人魚の女王さまのペット。

いつでものんびりマイペース。 鳴き声は「くるるん~!」






しかし、その前作で現在も放送中の『ヒーリングっど♥プリキュア』だが、(昨年4~6月まで)コロナウイルスの影響により制作がストップした事でストーリーが中断してしまい、一時はどうなるかと思ったが、何とか終盤まで進行出来たのは良かったな。






その分、コロナの脅威に晒され不安に満ちていたファンたちの心の支えになってくれた“名作”と化しただけに、あと3週で終わってしまうのかと思うと、かえって名残惜しいかもな… (-_-






キュアグレース(花寺のどか)を始めとしたヒロインたちはもちろん、敵キャラクターのビョーゲンズもいろんな意味で濃いメンツが揃っていたのでw番組を観ていて変に不快を感じる事も無かったからな。






特に、そのビョーゲンズの幹部の一人であり、ある意味『ヒーリングっど♥プリキュア』のもう1人のヒロインとも言えるシンドイーネに関しては、(ビョーゲンズのボスである)キングビョーゲンに対するその異様な溺愛ぶりから、『銀●』の猿飛あ●め氏とほぼキャラが被っていると言っても過言ではないからな…(汗)
  ※理由の説明については、あえて割愛させていただきますw




こんなんでw(ビョーゲンズの)幹部の中で1人だけチャッカリ生き残ってるしw






何しろ、今までのシリーズに登場しているサブキャラクターや敵キャラクターには、“白いロープ”に戯れて遊んでそうなw域までには至ってないにせよ、大分心の闇が深そうな感じの精神●常者ラリってる奴も多かったからwそいつらに比べればビョーゲンズはむしろバイ●ンマンみたくw愛嬌がある方かもしれんな。




※画像は本文とは一切関係ありませんw













(フリーザ) そのバイ●ンマンと声の担当が同じ方(中尾隆聖氏)で、一応『ドラゴンボール』史上随一の極悪キャラとして扱われているwわたしが言うのもなんですけれども、確かに過去のプリキュアシリーズではマジに××××じゃねェのかと思うぐらいw心がドロドロに病んでそうな方も何人か登場しており、「何であのキャラは、あそこまで性根が歪んでしまっていたのか…」と今でも疑問に思うぐらいですからね…(汗) ( ̄∀ ̄;;;;






それはともかく、現在も世の中がコロナウイルスによる影響で混迷が続いておりますから、『トロピカル~ジュ!プリキュア』ではそのような悪状況を吹き飛ばすぐらい、真夏の太陽の様に明るく輝かしいストーリーが展開される事を期待したいですね。










『トロピカル~ジュ!プリキュア』公式サイト : http://www.toei-anim.co.jp/tv/tropical-rouge_precure/












関係者及びファンの皆さま、記事の内容に一部物騒な箇所が入ってしまいwスミマセンでした(汗) m( _ _;)m

 ブログランキング・にほんブログ村へ 
プロフィール

おしょう(元・ハンマーヘッド和尚)

Author:おしょう(元・ハンマーヘッド和尚)
出身地:千葉県


※サイトの運営状況によっては、ジャンルごとに記事数が偏る場合がございますので、ご理解の上ご了承いただきますようお願い致します。

今までの来訪者数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
記事検索フォーム
当サイト公式X(旧Twitter)
お世話になっている方々のサイト
(特に変なサイトとかでなければw)基本的にリンクフリーです。
QRコード
QR
現在のサイトランキング