FC2ブログ
 

よりどり健康エンタメランド

健康・ダイエットに関する情報のほか、マンガ・アニメ・ゲームなどの情報を提供する情報発信サイトです。
 
 
レンタルサーバーをお探しの方は…
256GBの大容量ディスク、マルチドメイン無制限、WordPress簡単インストールなど、あらゆる魅力的な機能を提供する高性能のレンタルサーバーです。
今までの来訪者数
プロフィール

ハンマーヘッド和尚

Author:ハンマーヘッド和尚
出身地:千葉県


※サイトの運営状況によっては、ジャンルごとに記事数が偏る場合がございますので、ご理解の上ご了承いただきますようお願い致します。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
記事検索フォーム
当サイト公式ツイッター
新しいパソコンをお探しの方は…
Windowsの最新バージョンであるWindows 10を搭載した製品はもちろん、タブレットやゲームパソコンなどさまざまなタイプのパソコンを取り扱っています。
QRコード ※スマートフォン・iPhoneからはこちら
QR

知っておくと『ドラゴンボールZ 復活の「F」』を10倍(?)楽しめる情報・その5 

※以下の記事の登場人物およびその人物の発言などは、現実的に判明している事実を除き(管理人自身のなりきりによる)すべてフィクションであり、原作『ドラゴンボール』およびその他の関連作品とは一切関係ありません(多分w)



ドーモ、『ドラゴンボール』ファンのみなさん、フリーザです(・人・)


…と、一見判りにくいですけど『ニン●ャスレイヤー』風にごあいさつしてみましたww


まあ、冗談はさておき、前回に引き続き、わたしが復活を果たした映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(絶賛公開中)について、セルさんとの評論会をお送りしていきたいと思います(A^_^;


※ネタバレになる部分も含みますので、まだ映画を観ていない方はご注意ください。



<フリーザ様とセル氏による『復活の「F」』評論会 逆襲編>

(前回からの続き)

…まあ、アニメとの設定の違いうんぬんの話はともかく、せっかくファンたちにこうしてまた顔を見せられたんだから、そこはちゃんと感謝しなくちゃな (((-_- ウン


そうですねぇ、ようやく20数年ぶりに完全復活の機会をいただけたんですから、関係者の方々に対して「ぜったいに許さんぞ虫ケラども」とブチ切れるわけにもいきませんからね(笑)。


で、おまえがそうして地獄で天使やら妖精さんやらと戯れているときにwおまえの部下たちがピラフ一味とかいう連中からドラゴンボールを奪って、おまえを再び生き返らせてくれたわけだよな?


ええ、ソルベタゴマというんですけれど、実はわたし自身、この二人の事はあまり覚えていなかったんですよ(汗)。(-_-; まあ、生き返らせてくれた事については本当に感謝しているんですけれども、せっかくサイヤ人たちに復讐しようと人がやる気になっているところにタゴマさんが「奴らの事はもう無視したほうがいい」なんて水を差すようなことをいうものですから、ついデスビームを喰らわせて宇宙空間へと一発退場にしてしまったのですよw(そうして主力を欠いた分)先のZ戦士たちとの闘いでは苦労しました(汗)(‐_‐;



※映画パンフレットより。タゴマさん本当にごめんなさい(汗)(T_T)


酷っ!!!Σ(゜Д゜;;;

せっかくおまえの部下の中ではマトモそうなキャラだったし、「コイツはどんな戦い方するのかなぁ」ってDBファンたちも活躍を期待していたんだから(多分w)、ちゃんとZ戦士たちとのバトルにも参加させてやれよ?!!


再度復活できた嬉しさのあまり、気が高揚していたのでつい…(汗)

でもその分ソルベさんとシサミさんが頑張ってくれましたし、タゴマさんのほうも本気でやったわけではないので多分まだ生きていると思いますよ( ̄∀ ̄;ハハハ



あとで会ったらちゃんと謝っとけよ…。けど、タゴマはともかくwあのシサミとかいうやつは、ピッコロを追い詰めていたしおまえの部下の中でも結構強いほうだったんじゃないか?ソルベもああいう外見だけど、意外と戦闘力が高かったみたいだし。


まあ、結局彼らも(半分はわたしのせいで)全滅しちゃいましたけどねw(´∀`; こんなことなら、(今やわたしに匹敵する戦闘力を身に付けたという)アボさんとカドさんにも加勢を頼むべきでしたね…。彼らも、当時はあのギニュー特戦隊と肩を並べられるほどの実力を持った優秀な部下たちでしたから。


例のアイツらね(笑)。でも呼び寄せようとも現在どこにいるかも判らないし、そもそもアイツらって一体どういうキャラクターなんだというのが今でも疑問に残るんだが…。


…それはまた次の機会に(苦笑)(^^;


(つづく)



…フッフッフッ、いかがでしたか?


相変わらずまとめようのないトークを繰り広げてばかりでスミマセンm( _ _;)m


次回は気を取り直し、いよいよこのわたしが厳しいトレーニングの末に手に入れた究極形態・ゴールデンフリーザwと、孫悟空とベジータさんが変身したという超サイヤ人ゴッド超サイヤ人について触れていきたいと思っております。



ちなみに、以前ベジータさんがわたしの下に付いていたときに、彼からこんな手紙が届いていたのを思い出しましたよ…。




愛するベジータじゃねーよこのM字ハゲwww


あんま気色悪いこと言ってっと(惑星ベジータを消滅させた)スーパーノヴァ喰らわせますよw 凸(・∀・メ



【映画パンフレット】 ドラゴンボールZ 復活の「F」 パンフレット 【特典 ドラゴンボールZ 復活の「F」写真付き】





(一応)押してやって下さい(笑)
 にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ  blogramによるブログ分析
スポンサーサイト

こいつはマジにヤバい!!『鉄拳7』に最凶(?)のパワーファイター・ギガースが初参戦! 

最近はフリーザ様になりきって記事を綴ってばかりでしたのでw今回の記事はマジメに(?)お送りしていきたいと思います。(A^_^;



4月26日に行われた動画再現イベント『ニコニコ超会議2015』にて、ナムコさんの方から現在アーケードで好評稼働中の3D格闘ゲーム『鉄拳7』のエスクリマ使いの少女・ジョシーに続く新たなキャラクターの参戦が発表されました。


ギガースというその名にふさわしい巨体を誇るパワーファイターで、ホラー映画に出てくる怪物のような姿(3D版『サムライスピリッツ』の巌陀羅にもちょっと似ているw)をしており、現時点においては正体が一切謎につつまれたキャラクターであります(4月27日開放)。


以前にも述べた通り、色モノw風変わりなキャラクターを次々と登場させるのは『鉄拳』シリーズの常套手段でありますがwここまで奇抜過ぎるキャラを産み出したのは初めての事かもしれませんね(汗)( ̄∀ ̄;


<ギガース 紹介PV>

まさしく人間離れ(?)した外見と怪力を誇るギガース。闘いぶりもマジパねェため、心臓の弱い方は使用を控えた方がいいかも(笑)。


格闘スタイル:破壊衝動

何の格闘技をベースに闘うのかは判明していないか、先の『鉄拳』シリーズに登場しているジャックシリーズ(ロシアで開発された戦闘用アンドロイド)やクレイグ・マードック(巨漢の総合格闘家)に似た技を使用する。


故に彼等と同じく(マードックはちょっと違うか)力まかせで闘う典型的なパワーファイターかと思いきや、技を繰り出すスピードがけっこう速くコンボも実用的なものが多いため、見た目に反し相応の格闘センスを持っている事がうかがえる。


巨体を活かしたボディプレス浮いている相手をつかんで叩きつける投げ技を駆使した、驚異的なパワーに多少のスピードとテクニックを織り交ぜた戦法で相手を圧倒できる爽快感が味わえるキャラクターといえるだろう(特にがぶり状態から相手を殴りまくるレイジアーツ(レイジ状態から繰り出せるキャラ共通の技)はエゲツないw)。



しかし、ここでひとつ疑問なのは、彼は一体何者でその参戦理由は何なのかという事ですね。


その異形ともいえる容姿から何らかの目的で造り出された生物兵器であることは予想できるのですか、まさかDr.ボスコノビッチ(ジャックシリーズの製作者)の仕業という事はないでしょうし、(現三島財閥の当主の)仁や(G社を乗っ取った)一八の考案にしてもここまで手の込んだことをするとは思えませんしね…(´・ω・`)



まあ、ドクター・●ロが開発した人造人間じゃないというのは間違いないでしょうけど(笑)





 にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ  blogramによるブログ分析

知っておくと『ドラゴンボールZ 復活の「F」』を10倍(?)楽しめる情報・その4 

※以下の記事の登場人物およびその人物の発言などは、現実的に判明している事実を除き(管理人自身のなりきりによる)すべてフィクションであり、原作『ドラゴンボール』およびその他の関連作品とは一切関係ありません(多分w)



フッフッフッ、全宇宙の『ドラゴンボール』のファンのみなさん、ごきげんよう♪凸(・∀・)


みなさんはもう、このわたしフリーザが復活を果たした映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(絶賛公開中♪)はご覧になっていただけましたか?


わたしももちろん公開当日にセルさんと観に行ってきましたので、以前に予告していた通り、今回の映画の感想をセルさんと共に語っていきたいと思います。


※ネタバレになる部分も含みますので、まだ映画を観ていない方はご注意ください。



<フリーザ様とセル氏による『復活の「F」』評論会 復活編>

という事でセルさん、まずは今回の映画を観た感想をひとことどうぞ♪


ぬうぅ、『ドラゴンボールZ』の映画復活2作目なのにオレが出てない!!


まだ言ってんですか…(汗) (-_-; そもそも、今作はわたしが主役の映画なんですから(注:あくまで本人談ですw)、アンタの出番がないのは当然でしょう。


しかし、今回の映画は見るからにアニメとは大分ストーリーの設定がかけ離れているような気がするな…。 オレも(孫悟飯に倒されてから)長いこと地獄に住んでいるが、映画を観ていて「エッ?地獄ってこんな所だったっけ?」って何度も心の中でツッコんでたもん(笑)


序盤のほうで、わたしが地獄にてサイボーグ状態(ナメック星で孫悟空に敗れた後、改造手術を受けた時の姿)のまま木の上からミノムシみたいに吊るされて、ぬいぐるみやらバニーガール姿の妖精さんやらガッちゃんみたいな天使wやらに延々と変な歌と踊りを堪能させられるシーンですね(笑)。わたし自身も、(アニメで)今まであんな拷問なのか単なるイヤがらせなのか意味の分からないw仕打ちを受けた覚えはないんですけどねぇ( ̄∀ ̄;


注:原作マンガの方ではアニメとは設定が異なっているため、フリーザは未来のトランクスに倒された後は登場せず、地獄での動向は一切明かされていない。


で、そのぬいぐるみやら天使やらというのがコイツらねww


※映画パンフレットより

どっからどう見ても地獄の住人じゃないだろコイツらは…(オレも会ったことないしw)。地獄にいる悪人を更生させるために、天国から派遣されてきた矯正官たちかなんかじゃないのか?


なんか大々的に『あのフリーザが恐怖する(!?)』とか謳っちゃってやがりますけれどもwわたしも今までこのような方たちに出会った記憶がありませんしね(汗)。たしかに見た目的にはある意味死よりもおそろしい究極のキャストの方たちではありますけどww (´∀`;


そもそも、オレが初めて地獄にやって来た時にはお前はもう元の姿(最終形態)に戻ってたもんなー (´・ω・`) そういえば、その頃のオレって地獄で暴れまわって「セル様と呼べ」とか鬼たちに迫ってたようなw(注:その後、フリーザたちもろともパイクーハンに懲らしめられました)


わたしもあのシーンを観ていて、キ●ウべえばりに「わけがわからないよ」ってツッコミ入れたくなりましたよw(^^; まあ、今回の映画は原作者である鳥山明先生自ら脚本を取っていますから、なるべく原作マンガの方の設定に沿ってストーリーを繋げたという意向は感じましたけど…。


まあ、あんまり設定を捏造w改変されるとファンたちも混乱するからどうかとは思うが、そこは大人の事情があるという事でw深く考えずに楽しんだ方が良いのかもな。 それでも納得しないファンがいるというんだったら、今度は(フリーザ一派に)オレを加えたメンツで映画『ラ●ライブ!』(6月13日公開)に殴り込んで、μ’sの面々とライブ対決を…


できるわけないでしょ?!!(゜Д゜;;メ



(つづくw)


関係者の皆様スミマセンm( _ _;)m



【映画パンフレット】 ドラゴンボールZ 復活の「F」 パンフレット 【特典 ドラゴンボールZ 復活の「F」写真付き】





(一応)押してやって下さい(笑)(A^_^;
 にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ  blogramによるブログ分析

『鉄拳7』に新たなるキャラが参戦!エスクリマ使いのジョシー・リサール 

フッフッフッ、またお会いしましたね、フリー…



って、本日は映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(好評公開中♪)の話題じゃないんですね(汗)( ̄∀ ̄;


まあ、フライングで登場しておいてなんですがwせっかく来たのでこのままわたしが仕切らせていただきますよ(笑)凸(・∀・)



なんでも部下の方の話によりますと、地球で現在稼働中の3D格闘ゲーム『鉄拳7』に新たなキャラクターが4月21日に参戦したらしいですねぇ(・_・)ノ


ジョシー・リサールというフィリピン出身の可愛い女の子で、エスクリマと呼ばれるフィリピンの伝統武術をベースにしたキックボクシングで闘うキャラクターとの事ですね。


見た目からして、ちょうど『魔●の宅急便』のキキが大人になったようなw幼げが残り明るくてちょっと気の強そうな女の子というイメージですが、モデルをやっているだけあってなかなかのナイスバディでもあります(笑)(*´∀`*)


…って、亀●人みたいな事を言っていても仕方ありませんのでwジョシーさんについて判明している事を、少しだけ語ってさしあげましょう。


<ジョシー・リサール 紹介PV>

(三島一美を除き)5人目の初登場プレイアブルキャラクターとなるジョシー。見た目の雰囲気や性格からしてシャオユウとなら気が合うかも?


格闘スタイル:エスクリマをベースにしたキックボクシング

エスクリマとは彼女の祖国であるフィリピンに伝わる武術であり、かのジークンドーの創始者であるアクション俳優のブルース・リー(マーシャル・ロウじゃないよw)も学んだ事でも知られている。

素手での格闘術はもちろん、棒やナイフを使った実戦的な技術に優れており、特に棒術に関しては攻防のスピードが激しいのが特徴である。

ジョシー自身は基本的にキックボクシングのスタイルで戦うため、一見どの部分にエスクリマの特性が活かされているのかは判断付きかねるが、見た目に反して男顔負けのパワフルでスピーディーな打撃技の数々や、ボクシングのようなスウェーからパンチを繰り出すカウンター技などにその片鱗をうかがうことができる。


ちなみに、前述の通り、明るい性格の彼女ではあるが、情緒不安定によるものなのか試合開始前もしくは終了後に突如として泣き出してしまう事がある。



…なるほど、こうして詳細を追ってみますと、オテンバ娘(?)ながらもなかなかの強者のようですね。


地球の武術についてはよく判りませんが、なぜ突如として泣き出す事があるのかというのがちょっと気になりますね…。



いずれにしても、わたしの軍に勧誘するには、ちょっとキャラに難がありそうですけど(笑)(A^_^;





ご投票お待ちしておりますよ♪
 にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ  blogramによるブログ分析

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』観てきましたよ♪ 

※以下の記事の登場人物およびその人物の発言などは、現実的に判明している事実を除き(管理人自身のなりきりによる)すべてフィクションであり、原作『ドラゴンボール』およびその他の関連作品とは一切関係ありません(多分w)



フッフッフッ…ついに、ついに観てきましたよ…!


このわたしフリーザが復活を果たす映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(4月18日公開)を…!


わたしが『ドラゴンボール』に20数年ぶりに再び登場し、映画のスクリーンで思う存分迫力のあるバトルができて喜びもひとしおといったところですねぇ(^O^)♪



…まあ、アニメとは一部ストーリー設定が異なっているためか、わたし自身身に覚えがないシーンまでありましたのでw観ていて「こんな事あったっけ?」とツッ込みたい箇所もいろいろあったのですがww思う存分このわたしの進化した姿(ゴールデンフリーザ)での活躍が堪能できましたので、映画の内容自体には非常に満足していますよ(特典のグッズももらえましたしv)。(*´∀`*)



あえて今回の映画の出来に対して評価点を付けるとしたら……そうですねぇ、『もうちょっとやれただろう』という今後への期待を込めて100点満点中80点といったところでしょうか?


同じく今作を観たファンのみなさんもそれぞれ賛否両論はあるかもしれませんが、そこはこのわたしがゴールデンフリーザへの変身が可能になった事に免じて納得して頂けると助かります(笑)( ̄∀ ̄;



…とまあ、それですべて解決するというわけではないんですけれどもwとにかく生涯に1度は観ていても損はしないと思いますので、まだ観ていないというファンの方は今からでも映画館へと急ぎなさぁ~い!\(゜∀゜)/



それで、もうしばらくしたらこちらのブログの方でセルさんといっしょに責任を取って今回の映画の感想(ネタバレ含む)随所ツッコミを入れていきながら述べさせていただきますからね(笑)凸(・∀・)



【映画パンフレット】 ドラゴンボールZ 復活の「F」 パンフレット 【特典 ドラゴンボールZ 復活の「F」写真付き】





この記事がお気に入りましたら『ばっ!!』と押してくださいね(笑)
 にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ  blogramによるブログ分析

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は明日公開ですよ♪ 

※以下の記事の登場人物およびその人物の発言などは、現実的に判明している事実を除き(管理人自身のなりきりによる)すべてフィクションであり、原作『ドラゴンボール』およびその他の関連作品とは一切関係ありません(多分w)



フッフッフッ、ついにこの時がやってきてしまいましたね…。


このわたしフリーザが復活を果たす映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』が、いよいよ明日(4月18日)に公開されますよ!\(≧∀≦)/☆


ホ―――ッホッホッホッホッホッ!!!!



……ゲホッゴホッ、失礼、ついまた嬉しさのあまりに気が昂ってしまいましたw (A^_^;


しかし、ここまで来るのに本当に長かったですよ…。


なにしろ、一回あの世に行ってからも(ゲームや映画などで)ちょくちょく登場してたんですけれども、「そのうちホントに生き返れないかなー」ってずっと待ち望んでいましたからねぇ…(‐_‐


モチロン今回の映画はわたしが主役ですので(注:あくまでも本人談です)、単なるヤラレ役などではなくwきちんとトレーニングを積んでパワーアップした状態(ゴールデンフリーザ)でサイヤ人の方たちとの闘いに臨みますから、決してファンのみなさんをガッカリさせない事をお約束しますよ凸(^O^)♪


ちなみに、当日はわたしもセルさんと一緒に観に行く予定なのですが(うっかりネットで席予約するの忘れそうになりましたw)、セルさんの方からこの映画について何か一言ありますか?


ブゥーエ・・・・・・ッ、おう・・・。(ついに映画が公開される嬉しさのあまり)あやうく18ゴウをはきだすところだった・・・・・・。


ここでそのネタ(ゲーム『ドラゴンボールZ 超武闘伝2』での隠し勝利メッセージ)を持ってきますか…(汗)。 ま、まあとにかく、当日はファンのみなさんもぜひ更なる進化を遂げたわたしの雄姿を見に劇場に足を運んでくださいね!


ああ、それからもうご存知だとは思いますが、今回の映画の公開前夜を記念して、本日(4月18日)の夜9時からわたしがナビを務める前作の映画『ドラゴンボールZ 神と神』が地上波(フジテレビ系にて)で放送されますから、観に行く前にこちらの方も忘れずにチェックしてくださいね(・_・)ノ


記事の更新が遅くなって申し訳ないです(汗)m( _ _;)m



【Amazon.co.jp限定】『ドラゴンボールZ 復活の「F」』劇場前売券 (オリジナル描き下ろしビジュアルアートポスターセット付き)(3,000セット限定)





 にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ  blogramによるブログ分析

知っておくと『ドラゴンボールZ 復活の「F」』を10倍(?)楽しめる情報・その3 

※以下の記事の登場人物およびその人物の発言などは、現実的に判明している事実を除き(管理人自身のなりきりによる)すべてフィクションであり、原作『ドラゴンボール』およびその他の関連作品とは一切関係ありません(多分w)



フッフッフッ、懲りずに再びやって来てしまいましたwフリーザですよ♪凸(・∀・)


全宇宙(?)の『ドラゴンボール』ファン待望の新作映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(4月18日公開)の公開日がついに2日後に迫ってきましたねぇ♪(´∀`)


フジテレビさんの方では、明日(17日)その映画の公開前夜を記念して、今作のストーリーにつながる前作の映画『ドラゴンボールZ 神と神』が地上波(フジテレビ系にて21:00~)で放送するといいますから、これは非常にうれしいことですよ。


かつてわたしの父(コルド大王)も恐れ、今作にも登場する破壊神のビルスさん(この呼び方は少しオカシイですかねw)が初登場を果たした作品でもありますので、まだ前作を観ていないという方は今作を観る前の予習として、すでに観たという方もおさらいという形でぜひとも観ていただきたいものです。



「…とか言ってるけど、去年も(特別版を)放送したんじゃなかったっけ?」と思ったそこのアナタ、甘いですよ(ニヤリ)


なにしろフジテレビさんから「(当局の方も)フリーザ様の復活のお祝いがしたいので、何らかの形で番組に出てファンのみなさんにアピールしてほしい」なんて言うものですから、つい今番組のナビを引き受けてしまったのですよw(A^_^;


孫悟空やベジータさんといったZ戦士の面々ならともかく、(悪役の)わたしが番組のナビを務めるなんてめったにない事ですからwわたしのファンの方なら観ないと損をするかもしれませんよ(´・ω・`)ノ



しかし、この前もCM(KIRINメッツ)に出演しましたし、復活してからというもののずっと番組やイベントに引っ張りダコになるなどのハードスケジュールが続いているので、パワーアップを果たしたわたしといえどもホント体力的に大変ですよ(苦笑)( ̄∀ ̄;



…とまあ、今回の映画はそんなわたしの気苦労が詰まった作品でもありますのでwぜひファンのみなさんは心して劇場に観に来てくださいね(笑)



【Amazon.co.jp限定】『ドラゴンボールZ 復活の「F」』劇場前売券 (オリジナル描き下ろしビジュアルアートポスターセット付き)(3,000セット限定)


ちなみに、番組のナビのギャラは530000円で(ry





 にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ  blogramによるブログ分析

知っておくと『ドラゴンボールZ 復活の「F」』を10倍(?)楽しめる情報・その2 

※以下の記事の登場人物およびその人物の発言などは(管理人自身のなりきりによる)フィクションであり、原作『ドラゴンボール』およびその他の関連作品とは一切関係ありません(多分w)



フッフッフッフッフッ、またまた参上していまいました、フリーザですよ♪凸(・∀・)


いよいよこのわたしが復活を果たす映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の公開日が3日後に迫っているだけに(4月18日公開)、今から『早く更なる進化を遂げたフリーザ様の活躍が見たい!!』と待ちきれないファンの方も多いことでしょう。\(≧∀≦)/☆


まあ、世間では相変わらず『(最終形態から)金色になっただけじゃねーか』とか『兄貴(クウラ)の色違いw』と一部のファンからの容赦無いツッ込みが絶えないんですけれども(汗)( ̄∀ ̄;


しかしそんな声も、このわたしが厳しいトレーニングを積んで身に付けた究極形態・ゴールデンフリーザwの圧倒的なパワーを劇場で刮目すれば、驚愕のあまりすぐに絶句してしまうことでしょう(力説)。



という事で、ここからは少しネタバレになってしまいますが、映画の内容について判明している部分を特別に語ってさしあげましょう。凸(^∀^)



◆Z戦士たちの中にジャコの姿が…?

わたしの部下の方の報告によりますと、なんでも銀河パトロール隊員のジャコ(マンガ『銀河パトロール ジャコ』の主人公)という方が、わがフリーザ軍が地球に侵攻する事を孫悟空たちに知らせるため、再び地球へとやって来たとの事ですが…。


たしかあの方は、数十年前に地球に送られたサイヤ人(孫悟空)を抹殺するために派遣されたんじゃなかったんでしたっけ…?(-_‐;


Z戦士のみなさんがわがフリーザ軍を迎え撃つシーンでも、ちゃっかりその輪の中に加わってますしw


◆ベジータがフリーザに寝返る?!

要するに、劇中での「ベジータさん、あなたをフリーザ軍の最高司令官にしてあげます」というわたしの誘いの言葉に、ベジータさんが乗ったという事でしょうかね?


『(ベジータは)フリーザに惑星ベジータを滅ぼされた事を恨んでいるのに従う訳がない』という声が聞こえてくるかもしれませんが、倒れている孫悟空に対して「きさまはもう終わりだ」という捨てゼリフを吐いているシーンから、ひょっとしたらまさかのどんでん返しが起きるかもしれませんねぇ(´∀`;;


まあ、映画が上映される前なので、わたしからは真相は明かせないんですけれども(A^_^;


◆再び地球が消滅する?!

わたしの仕業かどうかは答えられませんがwついには地球が広範囲にわたって爆炎に包まれるシーンが…!


すばらしい!!!


見てごらんなさい!ザーボンさん!ドドリアさん!こんなにキレイな花火が…



ってうっかり感激してる場合じゃな―――い!!Σ(゜Д゜;;;


果たして、地球は、どうなってしまうのだろうか…?(ナレーション役の八奈見乗児氏風にw)


<証拠動画①>

一部ピッコロさんと悟飯さんがブチのめされるシーンが…。わたしの部下のみなさんも意外とお強いですね(笑)


…とまあ、とにかくわたしがどれほどのパワーアップを遂げたのか一通りお判りいただけたと思いますが、どうやらサイヤ人の方たちも、(ゴールデンフリーザに)対抗してか青い髪の超サイヤ人へと変身が可能になったようですね…。


(前作『神と神』で登場した)超サイヤ人ゴッドの力を身に付けた超サイヤ人という事から、『超サイヤ人ゴッドSS』(SSは超(スーパー)サイヤ人)と呼ばれるものらしいのですが…。


なんか名前がややこしくて言いづらいですね(笑)(´∀`;


<証拠動画②>

破壊神ビルスの付き人・ウイスの下で修業を積み、新たなる姿の超サイヤ人へ変身を遂げた孫悟空。ベジータさんも同様の変身が可能に?!


まあ、正直な気持ち、わたしもあれから彼らがどれほど強くなっているのかずっと気になっていましたので、今から闘うのが非常に楽しみですよ。


ファンのみなさんも、ぜひわたしたちのバトルを観に劇場に来てくださいね!



【Amazon.co.jp限定】『ドラゴンボールZ 復活の「F」』劇場前売券 (オリジナル描き下ろしビジュアルアートポスターセット付き)(3,000セット限定)


観ない方はデスボールを喰らわせますよ(ウソw)





 にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ  blogramによるブログ分析

ついに風間仁が『鉄拳7』に参戦!デビル仁も登場 

現在好評稼働中の3D格闘ゲーム『鉄拳7』に、ついに風間仁が3月31日にタイムリリースキャラとして参戦を果たしました!


(家庭用ゲーム版の)『鉄拳6』のエンディングでは、ラスボスのアザゼルとの壮絶な闘いを征した後、力尽きて倒れていたところをレイヴン(『鉄拳5』から参戦している忍術使いのエージェント)が所属する諜報機関に身柄を確保されて以来、消息が掴めぬままになっていましたが…。


プレイヤーの方々にとっては、仁が使用出来るようになったことは非常に嬉しい事であるのでしょうが、それまで真面目で優しかった彼が、いたしかたない事情があったとはいえ『鉄拳6』で突如世界中で戦争を巻き起こすなどの悪の道に走った事を考えると、再び闘いの場に戻ってきたことは素直に喜ぶべき事なのか複雑に思いますね…(-_-;


まあ、格闘スタイルが正統派空手という事もあって、初心者にも操作しやすくプレイアブルキャラクターとして使用する分には何ら問題は無いんですけど(笑)


<風間仁 紹介PV>

甦ったアザゼルを倒すため、『鉄拳6』では敢えて悪に堕ちた仁。目的を果たした後も、彼の心の闇は今だ晴れぬままなのか…。


<風間仁 プロフィール>

格闘スタイル:正統派空手+風間流護身術

三島財閥の元御曹司である三島一八と密輸動物監視官だった風間準の間に産まれ、父の一八の影響によりデビルの力を受け継いだ青年。

幼少時に母の準と共に屋久島で暮らしていたが、『闘神(オーガ)』と呼ばれる生物兵器の襲撃によって母を失った後、祖父である三島平八の下に身を寄せ、三島家に伝わる三島流喧嘩空手を教え込まれながら成長する。

第3回鉄拳大会に参加し、そこに現れた闘神を倒して母の敵を討つものの、直後に平八の裏切りに遭い、その事が発端となり内に眠っていたデビルの力が覚醒してしまう。

三島家との因縁を断ち切りデビルの力を封印するため、オーストラリアに移って正統派空手を身に付けて修行を積み直し、再び鉄拳大会に参加してそれまでG社に身を潜めていた父の一八、そして祖父の平八を倒し、ひとまずは一連の騒動に決着を付ける。


だが、今度は平八の手によって封印されていた曽祖父の三島仁八が復活し、三島財閥を乗っ取って第5回鉄拳大会を開催する。

そうとは知らず、今度こそ三島家やデビルの力に関する全ての問題に決着を付けようと決意を固めた仁は、大会に参戦して仁八を倒し、ついには三島財閥の当主となるのだが…。



そして、4月7日には、彼がデビル化を果たした後の姿であるデビル仁が使用可能になりました。


見た目そのもの(?)は仁なのですが、こちらは『鉄拳タッグトーナメント』までの格闘スタイル(三島流喧嘩空手改+風間流護身術)をベースに闘い、さらに空を飛んだり額の目からビームを放ったりとデビル(悪魔)ならではの技も使用するので、通常の仁とはほぼ別モノ(というか完全に別キャラw)と化しています。


ちなみに、『鉄拳タッグトーナメント2』からバトル中に自由にデビル化(またはデビル状態からの解除)出来るようになった一八とは違い、通常の仁からはバトル中にデビルへと変身することは出来ないというのも特徴の一つです(『鉄拳タッグトーナメント2』では、通常の仁とデビル仁とでタッグを組ませることは可能)。


<デビル仁 紹介PV>

デビル化して、人間としての理性を失った仁の姿。勝利後シーンでの、彼のものとは思えないキレっぷり全開の笑い方がイカしてます(笑)


<デビル仁 プロフィール>

格闘スタイル:不明(『鉄拳タッグトーナメント』まで使用していた三島流喧嘩空手改+風間流護身術に、デビルの力を組み合わせたものと推察される)


とあるきっかけでデビル化し、自我を失っている状態の風間仁の姿。

父の三島一八以上にデビルの力が強く禍々し過ぎる故か、一八とは違い自らその力をコントロールすることが不可能になっている。


母の風間準の姪である風間飛鳥のみが、その力を抑えることが可能らしいが…。



しかし今考えてみれば、このデビルの力が日に日に増幅して精神が侵されていき、物事の善悪すらも判断が付けられなくなってしまった事も、仁が悪へと堕ちた要因の一つなのかもしれません。


本人自身もデビルの力は危険だと捉えており、何とか封印する方法を探しているだけに、今度こそこの『鉄拳7』で何らかの答えを見つけられればいいのですが…。





ご投票お待ちしております(^_^)
 にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ  blogramによるブログ分析

知っておくと『ドラゴンボールZ 復活の「F」』を10倍(?)楽しめる情報・その1 

※以下の記事の登場人物およびその人物の発言などは(管理人自身のなりきりによる)フィクションであり、原作『ドラゴンボール』およびその他の関連作品とは一切関係ありません(多分w)



フッフッフッ、このブログの読者のみなさん、ようやくまたお会いできましたね、


フリーザですよ♪


ちょっとこちらの都合で7日ほど空けてしまいましたが(汗)、今日から再び、このわたしが復活を果たす映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(4月18日公開)について語ってさしあげましょう凸(・∀・)





ファンのみなさんの中には、「この映画でフリーザ様が復活するのは判ったけど、どのような内容のストーリーになるの?」と、まだ映画のストーリーを把握していないという方もいらっしゃると思いますから、今日は現時点で判明している部分について語っていきましょうかねぇ(*´∀`*)ノ



大まかに説明しますと、ファンのみなさんもすでにご存知のとおり、かつてナメック星での孫悟空との闘いでかろうじて生き延びたわたしは、今度こそ彼を倒すために父(コルド大王)と部下の方たちと共に地球へと乗り込んだのはいいものの、その矢先に未来からやって来た謎の超サイヤ人(トランクス)に全員あっけなくゴミにされてしまったわけですよねw


で、その数年後に、ソルベとタゴマという私の部下だった方達が、地球で世界征服を狙っているピラフ一味とかいうもはやファンも方々も覚えているかどうかも分からないw連中からドラゴンボールを奪い、見事にわたしを生き返らせて下さったわけです。


そしてサイヤ人達への復讐を改めて誓ったわたしは、短い期間ながらもじっくりとトレーニングを積んで更なるパワーアップを果たし、ゴールデンフリーザwへの変身が可能になりました。


こうして準備が整ったという事で、今度は1000人の部下を連れてわたしが再び地球へ侵略したところを、孫悟空らZ戦士達(なぜか亀仙人もw)が迎え撃つ事になるわけですが…



ここで「(Z戦士達と戦うのに)1000人じゃ少な過ぎじゃね?」と疑問に感じた方も少なからずいらっしゃると思うんですよ(汗)( ̄∀ ̄;


何しろ、わたしがいなくなってからというものの、部下だった方々は皆バラバラになってしまいましたし、わたしの親衛隊員だった(?)ザーボンさんやドドリアさん、ギニュー特戦隊など主力メンバーの方々は皆Z戦士達に倒されてしまいましたしね…(ほとんどはベジータさんの仕業なんですけどw)(-_-;



そういえば、アボとカドという見た目はともかくw戦闘力においてはギニュー特戦隊のみなさんに匹敵する優秀な部下の方達もいらっしゃったと思うのですが…



まあ、今はその話題については触れないでおきましょう(笑)(A^_^;



とにかく、今後も映画に関する新たな情報が入り次第こちらのブログでお知らせしますから、『ドラゴンボール』ファンのみなさんも楽しみにしていてくださいね♪



【Amazon.co.jp限定】『ドラゴンボールZ 復活の「F」』劇場前売券 (オリジナル描き下ろしビジュアルアートポスターセット付き)(3,000セット限定)





この記事がお気に入りましたら『ばっ!!』と押してくださいね(笑)
 にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ  blogramによるブログ分析
健康・ダイエット:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、効果・容量など異なる場合がございますのでご注意下さい。




マンガ:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、内容・特典の有無など異なる場合がございますのでご注意下さい。



ゲーム:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、内容・特典の有無など異なる場合がございますのでご注意下さい。




いろいろな品が揃っています!
マンガ・アニメ・ゲームなどの様々なグッズを取り扱っている、おなじみのセブン&アイグループが運営する総合ネット通販サイトです。
自己サイトのドメインを取得するなら…
480種類以上の中からお好みのドメインを取得することができ、種類によっては年額99円からのご利用が可能になります。
現在のサイトランキング