FC2ブログ
 

よりどり健康エンタメランド

健康・ダイエットに関する情報のほか、マンガ・アニメ・ゲームなどの情報を提供する情報発信サイトです。
 
 
レンタルサーバーをお探しの方は…
無料独自SSL・自動バックアップ機能などが付属された高性能かつ超高速のレンタルサーバーを、月額800円から提供しています。
今までの来訪者数
プロフィール

ハンマーヘッド和尚

Author:ハンマーヘッド和尚
出身地:千葉県


※サイトの運営状況によっては、ジャンルごとに記事数が偏る場合がございますので、ご理解の上ご了承いただきますようお願い致します。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
記事検索フォーム
当サイト公式ツイッター
新しいパソコンをお探しの方は…
Windowsの最新バージョンであるWindows 10を搭載したノートパソコンやゲームパソコンなど様々なタイプのパソコンを取り扱っています。
お世話になっている方々のサイト
(特に変なサイトとかでなければw)基本的にリンクフリーです。
QRコード ※スマートフォン・iPhoneからはこちら
QR

『ドラゴンボール』の隠れた英雄:孫悟空の父・バーダックの魅力に迫る その3 

昨日は、記事を書き上げることが出来ず申し訳ありませんでした(汗)(^^;


改めまして、本日は9日の記事の続きとして、アニメ『ドラゴンボールZ』のスペシャル版『たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』での孫悟空の父・バーダックのエピソードを引き続きお送りしていきたいと思います。

 DRAGON BALL Z SPECIAL SELECTION DVD

カナッサ星人・トオロの放った拳を受け予知能力を植え付けられたサイヤ人の戦士・バーダックは、惑星ベジータにて治療を終えた後、先に出撃したトーマら4人の仲間達の後を追い惑星ミートへと向かった――。


だが、トーマ達はフリーザの側近・ドドリアとその一味の襲撃に遭い全滅していた――。


瀕死のトーマから、フリーザがサイヤ人達と惑星ベジータを滅ぼそうとしている事を聞いたバーダックは、待ち構えていたドドリアの部下達を返り討ちにしたものの、ドドリアの放ったエネルギー砲によって重傷を負ってしまう――。


その後、何とか立ち直り惑星ベジータへと帰還するが…。



惑星ベジータに辿り着いた時、バーダックは産まれたばかりの息子・カカロット(孫悟空)が地球へと送られた事を知らされる――。


誕生時に戦闘力が低いサイヤ人は、将来星々を制圧するための尖兵として、赤子のまま宇宙に放たれるのが習わしになっていた――。


だが、植え付けられた予知能力によって、地球にて強く成長した息子の闘い、そして惑星ベジータの崩壊を予知していたバーダックは、それらが夢ではなかった事を確信し、ついにフリーザを倒すことを決意する――。


トーマに言われた通り、基地内の酒場でたむろしていた他の仲間達に共に戦うように促すものの、彼らはフリーザがサイヤ人を見限った事を知らずバーダックの言葉を信じようとはしなかった――。


もはや一刻の猶予も無い……生まれ育った母星とサイヤ人達をフリーザの手から護るため、バーダックは、惑星ベジータへ侵攻しようと向かってきているフリーザの軍勢を迎え撃たんと、たった一人宇宙へと飛び立っていく――。


オレが未来を変えてみせる」――今ここに、一人の誇り高きサイヤ人の戦士の最後の戦いが始まった。



…と今回はここで締めさせていただき、次回はいよいよ『たったひとりの最終決戦』のクライマックスシーンであるバーダックとフリーザの対決をお送りしたいと思います。


ちなみに、後に悟空のライバルとなる幼き頃のベジータも、この『たったひとりの最終決戦』に登場しているのですが、強化された栽培マンを相手にトレーニングしていたり、母星が危機にさらされているにもかかわらず一人で他の星に地上げに行っていたりと、ほとんど「我関せず」といった感じでマイペースを貫いていましたな( ̄∀ ̄;



お気に入りましたら、ランキングにご投票お願いします♪
 にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ  blogramによるブログ分析

『鉄拳7』公式サイトの公開について 

先日こちらのブログの方で「『鉄拳7』の公式サイトが用意されていない」と綴っていた矢先に、その公式サイトがついに立ち上げられました。


コンテンツはまだ登場キャラクター(の国籍・格闘スタイル・新規画像)とアーケードの設置店舗の紹介のみですが、ひとまずはこれで稼働の準備が整ったので一安心といったところですね。(A^_^;


残りのコンテンツに関しては、ゲームが稼働してから随時追加されていくと思われますので、引き続きこちらのブログの方でその詳細についてお知らせしていきます。



それにしても、ブライアン・フューリーの人相が一層スゴい事に(笑)。(*´∀`*)



 にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ  blogramによるブログ分析

『ドラゴンボール』の隠れた英雄:孫悟空の父・バーダックの魅力に迫る その2 

本日は前回の続きとして、世界的人気マンガ・アニメ『ドラゴンボール』の主人公・孫悟空の父であるバーダックについて語っていきたいと思います。

 DRAGON BALL Z SPECIAL SELECTION DVD

実はこのバーダック、アニメ『ドラゴンボールZ』のスペシャル版『たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』(1990年10月17日放送)に登場したアニメオリジナルキャラクターなのですが、その生き様に魅了された多くのファンから支持を獲得し、原作者である鳥山明先生からも絶賛された上後に2コマ分ながらもマンガの方にも登場を果たし、晴れて人気キャラクターの一人となりました。


後に『ドラゴンボール』関連のゲームにも登場し、今日においてもその勇姿を拝むことが出来ます。


まずは、初登場を果たしたその『たったひとりの最終決戦』での彼のエピソードを一通り語っていきたいと思います。




孫悟空(カカロット)が惑星ベジータで誕生して間もなかった頃、宇宙屈指の戦闘民族であるサイヤ人達は、宇宙を支配する悪の帝王・フリーザの下、星の地上げ屋としてあらゆる星々を侵略しては戦いの日々を送っていた――。


悟空の父・バーダックもその一人であり、4人の仲間達(トーマ・セリパ・トテッポ・パンブーキン)と共に日夜地上げ活動(戦闘)を続けていたが、カナッサ星での戦いが終わり一息付いていたところ、生き残っていたカナッサ星人・トオロの奇襲に遭い、放たれた拳を受けて予知能力を植え付けられる――。


その後バーダックは昏倒し、サイヤ人達の母星である惑星ベジータの基地内の医療室へと送られ、メディカルマシーンにて治療を受けている間、植え付けられた予知能力によって、成長した息子の悟空の未来での活躍、そして惑星ベジータが消滅する夢を見る――。


目が醒めた後、先に出撃したトーマ達の後を追って惑星ミートへと向かったが、星の制圧はすでに成功していたものの、トーマ達はフリーザの側近の戦士の一人・ドドリアとその一味達の手によって全滅させられていた――。


瀕死の状態のトーマから、「フリーザがサイヤ人と惑星ベジータを滅ぼそうとしている」と聞き、惑星にいるサイヤ人達と共にフリーザを倒すように促される――。


残るバーダックを抹殺せんと待ち構えていたドドリアの部下達を返り討ちにしたものの、ドドリアのエネルギー砲(超魔口砲?)を喰らい、重傷を負いながらも惑星ベジータへと帰還するが――。




ここで補足させて頂きますと、フリーザがサイヤ人を滅ぼそうとした理由は2つあり、『サイヤ人が団結すると、宇宙最強であるフリーザにとっても脅威になる(これは側近であるザーボンも危惧していた)』という事と、『サイヤ人の中から伝説の戦士である超サイヤ人超サイヤ人ゴッドが生まれる事を恐れていたから(単行本『銀河パトロール ジャコ』に収録の『DRAGONBALL- 放たれた運命の子供』参照)』という事が挙げられています。


スーパーサイヤ人ゴッドは映画『ドラゴンボールZ 神と神』(2012年公開)で初めてその存在が明らかになったのですが、この時フリーザがすでに超サイヤ人だけでなく超サイヤ人ゴッドの事まで知っていたのは意外でした(^^;


…と今回はひとまずここで締めさせていただき、続きは次回以降にてお送りしたいと思います。



お気に入りましたら、ランキングにご投票お願いします♪
 にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ  blogramによるブログ分析

『ドラゴンボール』の隠れた英雄:孫悟空の父・バーダックの魅力に迫る その1 

 DRAGON BALL Z SPECIAL SELECTION DVD

  ドラゴンボールZ 3―たったひとりの最終決戦 (ジャンプコミックスセレクション)


ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士孫悟空の父〜


戦いにおいて圧倒的な強さを持ち、宇宙にその名を轟かせていた誇り高き戦闘民族・サイヤ人――。

彼らは宇宙を支配する悪の帝王・フリーザの下、星の地上げ屋として日夜戦いに明け暮れていたが、その驚異的な潜在能力に危惧を感じたフリーザの手により、母星である惑星ベジータと共に滅亡した…。

その中で、ふとした事からフリーザの凶行を予知し、同胞達と惑星ベジータを守るためにたった一人己自身の命と誇りを懸けてフリーザに挑んだ勇敢な戦士がいた。

その男の名は――。



という事で、そのフリーザ様が復活を果たす映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の公開が徐々に迫ってきているという事もあり、今回は再び世界的人気を誇るマンガ・アニメ『ドラゴンボール』について触れていきたいと思います。


『ドラゴンボール』に限ったことではないのですが、ファン達の間で真っ先に上がる話題といえば、やはり「作品のキャラクターの中で誰が一番好き?」という事でしょう。


大抵のファンの方であれば、主人公の孫悟空であったり、ライバルであるサイヤ人の王子・ベジータであったり、前述の通り映画で復活した事で再び株を上げた(?)フリーザの名前を挙げられると思いますが、一方で登場回数こそ少ないものの、キャラクターとしての魅力においては悟空達にも負けずと劣らないある人物がいます。


その人物こそ、アニメ『ドラゴンボールZ』のスペシャル版『たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』(1990年10月17日放送)にて初登場を果たした悟空の父であるサイヤ人の戦士・バーダックです。


サイヤ人としては下級戦士の身分ながらも10000以上もの戦闘力を誇り、その勇猛な闘いぶりに同胞達からも一目置かれ、やや気性の荒い無骨な性格ながらも仲間思いの一面を持った戦士であり、今でもその生き様に魅了された多くのファン達から人気を集めています。


かくいう私自身もそのファンの中の一人であり、『復活の「F」』でフリーザが復活するという事を知った時には、「どうせならついでにバーダックも復活して、悟空達と共闘して今度こそ仲間達の無念を晴らして欲しかった」と思ったほどです(笑)。


まあ、一部ゲームなんかでは悟空(とその一家)との絡みは見られるんですけど(^∀^;


何はともあれ、次回からそのバーダックの活躍ぶりについて迫っていきたいと思います。


※以下のコミックに収録されているおまけマンガ(『DRAGONBALL- 放たれた運命の子供』)にも、バーダックが登場しています。

 銀河パトロール ジャコ (ジャンプコミックス)

 銀河パトロール ジャコ 特装版 (ジャンプコミックス)





お気に入りましたら、ランキングにご投票お願いします♪
 にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ  blogramによるブログ分析

最近のプロレスラーの話術力がハンパじゃない件について 

最近、棚橋弘至氏や真壁刀義氏など新日本プロレスの選手を始め、プロレスラーの方々をテレビ番組で見かける機会が増えてきましたね。(^_^)


とくに『スッキリ!』(日本テレビ系)に自らのコーナー(『スイーツ真壁のうまいッス!!』)も持っている真壁氏は、出演回数を重ねるごとに、独自の表現によるスイーツの紹介に磨きが掛かり、トークの方もだんだん冴えわたってきていますしね。


「これ(クレープ)はどんな女子供でもいける」といった風に(笑)


脅威の発汗力!元世界チャンピオンも絶賛の協栄ジムサウナスーツを販売!

サウナスーツ専門店サウナスーツ.net


それにしても、ミスタープロレス(天龍源一郎氏)がいう“滑舌”の基準がよく判らない(汗)( ̄∀ ̄;


同じハスキーボイスでも、“こけし”で人気上昇中の本間朋晃氏(真壁氏らと同じ新日本プロレスの選手で、『うまいッス!!』にも不定期参加してますw)よりは声が聞き取りやすい方なのですが、果たしてあの喋り方を「滑舌が良い」と言っていいのか…(たまに話のアクセントがズレる時があるしw)。


4日放送の『スッキリ!』にてスマートフォンの音声認識機能を試した時も、「おはようございます 天龍源一郎です」とスマホに話しかけたら、なぜか「和俺おろす一郎です」と意味不明な暗号文みたいに変換されていましたしwww(゜Д゜;





お気に入りましたら、ランキングにご投票お願いします♪
 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogramによるブログ分析

ストリートファイターⅤ:その隠された全貌に迫る・その1 

前回の記事で3D格闘ゲームの最新作『鉄拳7』の稼働日について取り上げたため、今回は同じ格闘ゲーム繋がりという事で、『ストリートファイター』シリーズの最新作『ストリートファイターⅤ』について少し綴ってみたいと思います」。





『オメガエディション』を搭載した事で更にバージョンアップを遂げた『ウルトラストリートストリートファイターⅣ』が好評稼働中のなか、去年12月にラスベガスで開催されたゲームイベントにて突如製作発表された『ストリートファイターⅤ』ですが、、今のところ対戦シーンの一部が収録されたPVが公開されているのみでゲームシステムなどの詳しい情報は明かされていないため、ひとまず現時点で判明している要素をここで紹介していきたいと思います。



・現在判明している参戦キャラクターは、リュウと春麗の2人のみ


他の参戦キャラクターについては、『ストリートファイターⅣ』シリーズからの流れを考えればケン・ガイル・ブランカ・エドモンド本田・ザンギエフ・ダルシム、そしてシャドルー四天王(バイソン・バルログ・サガット・ベガ)の参戦はほぼ確定だと思われる(注・サガットのみ、『ストⅣ』でシャドルーを脱退している)。


しかし、PVの最後の方に、何と先のベガとの闘いで命を落としたはずのガイルの戦友・ナッシュの姿が!!Σ(゜Д゜;;;


しかも、額に何かを埋め込まれてたのか光ってたしw


まさか、シャドウ(『マーヴル・スーパーヒーローズ VS. ストリートファイター』にて登場した、シャドルーの科学力によって改造人間と化したナッシュ)として今作品に参戦するという訳ではないんでしょうけども(笑)(^^;


・時代設定は、『ストリートファイターⅣ』と『ストリートファイターⅢ』の間?


『ストⅣ』の時代設定が『ストⅢ』より前であるという事と、PVでのデモンストレーションにてリュウが『ストⅢ』でのスーパーアーツ(超必殺技)・電刃波動拳(元々は『ストⅣ』に登場した師匠の剛拳の技)を使用していた事から、おそらく『ストⅤ』は『ストⅣ』の後の物語になると思われる。


ちなみに、デモにてリュウと対戦していた春麗の方は、天星乱華(『ストⅢ サードストライク』でのスーパーアーツ)の必殺技版のような技を繰り出していました。( ̄∀ ̄


・画面端(壁)が壊れて、ステージの幅が広くなる?!


特定のステージにて、画面端でキャラが吹っ飛ばされると、壁などの仕切り(?)が壊れる模様。


『カイザーナックル』(1994年に稼働したタイトーの格闘ゲーム)のように、壊れる事でステージの幅が広くなる仕様なのだろうか?



以上で、多少自分の予想を交えての紹介となりましたが、また詳しい情報が入り次第、追ってこちらのブログにてお送りしていきたいと思います。


『ストリートファイターⅤ』のアーケードでの稼働はまだまだ先になりそうですが、それまでは前述した『ウルストⅣ』、そして今月遂に稼働される『鉄拳7』をじっくり楽しみながら待っていたいところです。


まあ、私自身相変わらず易々とプレイ出来るような腕じゃないんですけども(笑)。( ̄∀ ̄;;



ご投票お待ちしております♪
 にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ  blogramによるブログ分析

鉄拳7の稼働日が早過ぎる件 

こちらのブログでも幾度か話題に取り上げてきた、人気3D格闘ゲーム『鉄拳』シリーズの最新作『鉄拳7』ですが、遂に今年の2月18日(予定)にアーケードで稼働するとの事です!\(≧∀≦)/


正式な稼働日が決定して嬉しいのはやまやまなのですが、去年(2014年)の7月に制作発表が行われて以来、新たに導入されるゲームシステムの詳細と新規参戦するキャラクター達の紹介以外、今作品に関する情報が現在もほとんど公開されていない状態なので、このまま稼働されるのもいささか早過ぎるような気がするのですが…。


まだ公式サイトも用意されていないですし(『鉄拳』シリーズの総合オフィシャルサイトはある)、ストーリーにおいても『平八・一八の三島親子が、互いの長年の因縁に決着を付ける』というメインとなる部分しか公開されておらず、新キャラも含めて参戦キャラクター達の今作品でのエピソードも発表されていないままですし(-_‐;


ただ、『鉄拳7』にて遂に初登場を果たす三島一美(平八の妻・一八の母)が、何かしらの力(一八と同じデビル因子?)を持っていて、それが起因となったのかは判りませんが、『平八の手によって命を落とした(一八談)』という設定から考慮して、今作品においてのキーキャラクターとなるのは間違いないでしょうね。


まあ、彼女も参戦するのかまでは判りませんが…(一八と同じように、デビルに変身して闘えたりしてw)(^^;


とにもかくにも、ほとんど見切り発車のような形で稼働される事になりそうな『鉄拳7』ですが、ひとまずは万人が納得出来る内容の作品に仕上がっている事を期待したいところです。



お気に入りましたら、ランキングにご投票お願いします♪
 にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ  blogramによるブログ分析
健康・ダイエット:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、効果・容量など異なる場合がございますのでご注意下さい。




マンガ・小説:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、内容・特典の有無など異なる場合がございますのでご注意下さい。




ゲーム:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、内容・特典の有無など異なる場合がございますのでご注意下さい。



新しくサイトを制作するなら…
約4,000種類のパターンの中から好きなデザインを選び、初心者の方でもお手軽に自分だけのホームページを制作することが出来ます。
現在のサイトランキング