よりどり健康エンタメランド

健康・ダイエットに関する情報のほか、マンガ・アニメ・ゲームなどの情報を提供する情報発信サイトです。
 
 
レンタルサーバーをお探しの方は…
256GBの大容量ディスク、マルチドメイン無制限、WordPress簡単インストールなど、あらゆる魅力的な機能を提供する高性能のレンタルサーバーです。
今までの来訪者数
プロフィール

ハンマーヘッド和尚

Author:ハンマーヘッド和尚
出身地:千葉県


※サイトの運営状況によっては、ジャンルごとに記事数が偏る場合がございますので、ご理解の上ご了承いただきますようお願い致します。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
記事検索フォーム
当サイト公式ツイッター
新しいパソコンをお探しの方は…
Windowsの最新バージョンであるWindows 10を搭載した製品はもちろん、タブレットやゲームパソコンなどさまざまなタイプのパソコンを取り扱っています。
QRコード ※スマートフォン・iPhoneからはこちら
QR
スポンサードリンク

読者の皆様へ 

※新着記事はこの記事の下に掲載しています。



『よりどり健康エンタメランド』にお越しいただき誠にありがとうございます。



当サイトは、健康・ダイエットに関する食品・書籍・運動法などの情報のほかマンガ・アニメ・ゲームなどの情報を発信するエンターテインメント型のサイトとして運営しております。



皆様の日々の生活のお役に立てる情報を提供出来るよう尽力してまいりますので、今後とも『よりどり健康エンタメランド』をご愛顧頂けますようよろしくお願い致します。



よりどり健康エンタメランド

支配人 ハンマーヘッド和尚



 にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ  blogramによるブログ分析
スポンサーサイト

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』と『HUGっと!プリキュア』に新メンバーが登場!! その正体とは…!? 

※以下の記事に登場する人物およびその人物の発言などは、現実に判明している事実を除きすべてフィクションであり、『ドラゴンボール』およびその他のマンガ・アニメ作品とは一切関係ありません。










(聖帝サウザー) うぶわははははははははハハハハハハハハハハ!!!!




『よりどり健康エンタメランド』の読者諸君、いつもご愛顧頂きありがとう!!





以前の記事で今年2月から放送開始した特撮ドラマ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』と女児向けアクション系アニメ『HUGっと!プリキュア』について取り上げたが、今回はそれぞれの作品に最近登場した「敵はすべて下郎!!」と言わんばかりのw頼もしい新メンバーたちを紹介するぞ!






ファンならばすでに存じている者も多いだろうが、その新メンバーたちを無事拝見するため、初夏の暑さにやられて熱中症にかからぬようこのサウザーの様にマ●ドナルドのミルクキャラメルシェイク(Mサイズ)を一日10杯ぐらい飲むなどしてw日頃から水分補給を欠かさず気を付けて過ごしていた者もいたハズだ!!
  ※良い子はマネしないでくださいw
















(フリーザ) って、記事の初っ端から


きたねえ表情見せんのやめい!!!!wwww




そもそも今発売されてるのはカルピス味ですしw





とまあ、それはさておき早速それぞれの作品に登場したという新メンバーの方たちについて紹介して頂きましょうか。







まずは『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』だが、そのタイトル通り始めから2つの戦隊が同時に登場し、アルセーヌ・ルパンが遺した宝物(ルパンコレクション)を巡って敵対したり異世界の犯罪集団・ギャングラーを相手に共闘したりするというストーリーが繰り広げられているのは周知の通りだが…





何とルパンレンジャーの方にルパンエックス、そしてパトレンジャーの方にはパトレンエックスとそれぞれの戦隊に新たなメンバーが同時に加わったのだ!!















(早乙女あこ) にゃんですって!!!? (゜Д゜;;;;




今作も途中から新メンバーが加入するだろうと予想はしていましたけれども、それぞれの戦隊に1人ずつ加わるなんてちょっと贅沢(?)が過ぎますわね…







ただ、このルパンエックスとパトレンエックスは実は同一人物であり、(元木誠也氏が演じる)高尾ノエルという謎の青年がそれぞれの戦隊に潜入(?)し、状況に応じてこの2タイプの変身を使い分けて戦うという異色の存在なのだ。









そのノエルとやらが一体何の目的でそこまでしてそれぞれの戦隊に加入したのかは分からんが、やがてストーリーが進むにつれて明らかになっていく事だろう。






次に『HUGっと!プリキュア』だが、こちらはその身にミライクリスタルを宿す不思議な赤ちゃん・はぐたんを(敵勢力の)クライアス社から守るため、野乃はなちゃんら3人の中学生の女の子たちがプリキュアに変身して戦っていくというストーリーだ。





今作もプリキュアシリーズながらの実に個性的なキャラクターたちが登場し、誰とは言わんがサイコ●スっぽい狂った下郎の方も何人か登場しているのだがwこれから紹介する2人の新しいプリキュアたちも実に魅力的な娘たちなのでファンの方々もすぐに気に入る事だろう。





一人は(『HUGっと!プリキュア』の主人公の)野乃はなちゃんの妹・ことりちゃんの友人である愛崎えみるちゃんが変身するキュアマシェリで、もう一人はもともとはクライアス社が開発した戦闘用アンドロイドで、はなちゃんたちと交流した事で人間の感情を手に入れたルール-・アムールちゃんが変身するキュアアムールだ! (≧∀≦)











まぁ平たく言ってしまえば、(アニメ『ドラゴンボール超』に登場した)第3宇宙の面々もブッ飛ぶw戦闘マシンだった娘と極度の心配性である異(ry のある意味最凶最強の美少女コンビという事だ!!www
















(ベジータ) って


何その聞くからに色んな意味でヤバそうな感じのコンビ!!!?wwww





まあプリキュアのコンビって聞くと初代(『ふたりはプリキュア』)のプリキュアたち(美墨なぎさ/キュアブラック、雪城ほのか/キュアホワイト)を連想させるが、その2人もちょうどプリキュアシリーズが15周年を迎えた事もあってか今作にゲスト出演して今のプリキュアたちと共闘したりした事から、どことなく運命的なものを感じるな… (._.







それに(プリキュアシリーズにおいて)新メンバーが2人同時に登場するのは今作が初めてであり容姿や使用する武器なども初期のメンバー3人と比べて一線を画した感じなので、実質2人1組の別チームとして見るのが正しいのかもしれませんね。





ちなみにえみるさんはお嬢様ながらバリバリにwギターが大好きな子で、ルールーさんもそれに追随する形でギターの練習に付き合うなどこの2人のコンビとしての相性はピッタリなようですね (*´∀`*)





左が生えてくるえみるちゃんで、右がルールーちゃんですw












という事は2人組の人気ロックバンド『黒●』の(2016年にインターネットオークションに出品された)商標権を手に入れれば、この2人が2代目黒●としてデビューすることも夢ではないという事ですねw (・∀・)













(ビルス) んなワケねえだろ!!!! (゜Д゜;;;;




商標権自体もう誰かがすでに購入しちゃってるしw













くどいようですがw関係者の皆さまスミマセンでした(汗) A(^_^;;;;

 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogramで人気ブログを分析

【訃報】落語家・桂歌丸氏が永眠…お茶の間の顔となった『笑点』の終身名誉司会者 

人気演芸バラエティ番組『笑点』(日本テレビ系)の5代目司会者も務めた落語家の桂歌丸(本名・椎名巌)氏が、今月2日に慢性閉塞性肺疾患のため逝去されましたが…(享年81歳)





晩年は病気を患い入退院を繰り返しつつも「(落語で)演じてみたい噺(はなし)はまだまだある」と最後まで高座に座り続け落語家として生涯を全うしたその姿は正に落語家の鑑と言っても良い偉大な方でしたけれども、現代の人々にとってはやはり『笑点』メンバーとしてのイメージの方が強いかもしれませんね。








(フリーザ) まあそれもやはり、ある意味最狂w最大の“天敵”である(六代目)三遊亭円楽師匠との大喜利でのやり取りが受けていたからでしょうね(上と下の各動画参照w)





歌丸師匠が『笑点』の司会者になってもその関係は変わらず、もはや『笑点』を観る際は大喜利でいつ円楽師匠が歌丸師匠をイジリ倒して座布団をボッシュート(没収)されるかがw最大のポイントと化していましたからね(笑)






で、大抵の場合勝手に殺すというパターンが多かったわけですけれどもwそれも歌丸師匠から「オレをネタにしていい」と言われていたからですし、歌丸師匠自身も芸においては自他ともに厳しく「我々はお客さんを笑わせなくちゃいけない」という信念に基づいて活動していましたからね。














まぁ円楽師匠の場合、その歌丸師匠の言葉を額面通りに受け取り過ぎて無礼講といわんばかりに言いたい放題イッてた感が否めませんしw歌丸師匠もそうしてネタにされる度に「絶対アイツより先に死んでたまるかw」と対抗心を抱いて闘病生活への原動力にしていたんでしょうけれども A(^_^;;;;






同じく『笑点』メンバーである三遊亭小遊三師匠によると、(6月30日には)病室にお見舞いに来た弟子の桂枝太郎氏に「オレが死にそうなのに、てめえたちは来ねえ!」と冗談めいた小言をボヤいていたらしくwここでも自分が亡くなっても悲しい雰囲気にさせないよう周囲の人々を気遣おうとする歌丸師匠らしい優しさを感じますね。





どうか天国でも、先代の円楽師匠と共に笑い合って「(円楽師匠に対して)またあの野郎オレらの悪口言ってるよw」とか言いながら『笑点』メンバーの方々の活躍を見守っていてほしいですね。






心からご冥福をお祈り申し上げます。




 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogramによるブログ分析

【大阪地震】危険なのは“天災”だけではない!?人々の油断が招く本当に恐ろしい災害とは… 

※以下の記事に登場する人物およびその人物の発言などは、現実に判明している事実を除きすべてフィクションであり、『ドラゴンボール』およびその他のマンガ・アニメ作品とは一切関係ありません。




(ウイス) 6月18日に大阪府北部でマグニチュードM6.1(最大震度6弱)の地震が発生し、死者5名と負傷者300名以上の被害者が出る大惨事となってしまいましたが…





その中で大阪府高槻市内の小学校に通う9歳の女の子が倒壊した学校のプールのブロック塀の下敷きになり亡くなるという事故が起き、後にこの塀が高さの基準値を超えており(塀を支える)控え壁が無かった事から建築基準法に違反しているものだと発覚し、高槻市と市の教育委員会、塀を造成した施行業者に対して責任が問われていますね…。










(ビルス) 阪神・淡路大震災の時と比べて規模は小さかったとはいえ、今回の地震でも実際に死傷者が大勢出ているし、まさに震災レベルと言っても過言ではないほどだからね…





湾岸付近で津波が発生しなかったのがせめてもの救いだったけれども、こういった人々のミスが“人災”となり今回のような被害をもたらしてしまったとなると何ともやり切れない気持ちだな…。










(事故が発生する以前から)市の教育委員会がこの小学校から「防災の専門家から、当校のブロック塀が危険だと指摘を受けた」という報告を受けて調査したものの、「違法建築物ではあるが安全だ」と判断して(塀の補強など)何の対策もせずそのまま放置していたために、今回のような事故を招いてしまったかもしれないわけですからね…。





それでようやく大阪府内のすべての小中学校の塀の点検に乗り出しましたけれども、犠牲になってしまった女の子の事を考えれば事故が起こってから行動するというのもどうかと思いますし…。













いくらその時は安全だったとしても将来塀が倒壊する可能性はゼロではなかったわけですから、それすら想定せずに市の関係者が誰も何の対策もしていなかったというのは、災害に対する危機感が欠落していたというよりあまりにも怠慢が過ぎていたとか言えませんね…。






(フリーザ) 過去にも大地震が何度も発生し同じような事故が多数起きているにもかかわらず、未だに災害の恐ろしさというものを軽視し過ぎていたという事ですね…。





こういう市の関係者たちの無責任な怠慢振りによって発生した可能性もある事故に巻き込まれて幼き尊い命が失われたのかと思うと、この女の子の遺族の気持ちを考えたら決して許される事ではありませんね…!!











まあ今回の事故について何が原因で誰に責任があるのかは、これから警察やマスコミが厳しく追求を続けていくだろうし、いずれその真実が明らかにされていくだろうね。





いずれにせよ今後も大阪府に限らずどの地域でも今回のような事故が起きる危険性は決して低くないし、同じ失敗を繰り返さないためにも各都道府県が積極的に活動して、あらゆる場所で災害に対する安全対策がきちんとなされているか改めて見直していく必要があるだろうね。





 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogramによるブログ分析

【訃報】さらば皇帝戦士…最強外国人プロレスラー・ビッグバン・ベイダー氏が肺炎により永眠 

母国(アメリカ合衆国)でアメフト選手として名を馳せ、その後はプロレスラーとしてデビューし新日本プロレス・全日本プロレス・プロレスリングノアなど日本のメジャー団体でも活躍した“皇帝戦士”ビッグバン・ベイダー(本名レオン・ホワイト)氏が6月18日、肺炎により御逝去されました(享年63歳)。









1987年に初来日し、ビートたけし氏率いるTPG(たけしプロレス軍団)の一員として新日本プロレスに殴り込み、突如組まれたアントニオ猪木氏との試合でわずか3分弱で勝利するというあまりにも強烈なインパクトを残したのは有名な話ですね。





その上TPGが試合会場に乱入してきた事でその日のメインイベントのカード(アントニオ猪木対長州力)が上記の通り変更になってしまったのにまだ納得していない中で、その試合自体もアッサリと決着が付いてしまい激怒した観客の方々が大暴動を起こしたため、試合が行われた会場(両国国技館)がしばらく使用禁止になってしまいましたからね…。





(フリーザ) しかしそれ以上に衝撃的なのは、あの巨体(身長約190cm、体重約170kg)からは想像も付かないほどの身体能力を持っていて、ムーンサルトプレス(月面宙返り)などの高度な技も難無く繰り出せたという事ですね。





単なるパワーファイターにとどまらずにそういったテクニックや試合でのパフォーマンスにも気を配っていたからこそ、数々の日本のトップレスラーたちとも互角以上に渡り合えたのかもしれませんね。













まあ昔の6人タッグの試合かなんかで、(試合開始前に)身に付けていた甲冑をリング上に置いてスモークを出す恒例のパフォーマンスを行っている際に、相手チームの獣神ライガー(現・獣神サンダーライガー)氏がその甲冑を蹴飛ばしてw挑発してきたのに対して(ベイダー氏が)ブチ切れていたwのには思わず笑ってしまいましたけれども(笑) (*´∀`*)





2016年に医師からうっ血性心不全と診断され余命2年を宣告されたものの、2017年4月には藤波辰爾氏のデビュー45周年記念ツアーに参加したり、飛んだり跳ねたりするスタイルが中心になりつつある現代のプロレスに警鐘を鳴らすコメントをするなど、選手としても“ご意見番”としても最後までプロレスに関わる活動を続けていました。





天国に行っても、父親同様プロレスラーとなった御子息様(ジェシー・ホワイト氏)の活躍とこれからのプロレス界の隆盛を見守っていてほしいですね…。





心からご冥福をお祈り申し上げます。




 ブログランキング・にほんブログ村へ  blogramによるブログ分析
健康・ダイエット:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、効果・容量など異なる場合がございますのでご注意下さい。




マンガ:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、内容・特典の有無など異なる場合がございますのでご注意下さい。



ゲーム:おすすめ商品
※同じ名称の商品であっても、内容・特典の有無など異なる場合がございますのでご注意下さい。



いろいろな品が揃っています!
マンガ・アニメ・ゲームなどの様々なグッズを取り扱っている、おなじみのセブン&アイグループが運営する総合ネット通販サイトです。
自己サイトのドメインを取得するなら…
480種類以上の中からお好みのドメインを取得することができ、種類によっては年額99円からのご利用が可能になります。
現在のサイトランキング